2015年07月09日

赤血球が少ない

いすなどから立ち上がった際に突然フラッと立ちくらみがしたり、顔色が悪い、息切れ、だるいなどの症状が、貧血の代表的な症状。やせている人やハードなダイエットをしている人に多く見られる。

最近は、女性の10人に2人は貧血傾向といわれるほど多い。特に、女性に多いのが鉄欠乏性の貧血だ。このような貧血には、鉄と血を作る「造血ビタミン」という別名を持つビタミンB12と葉酸をとるのがお薦め。

B12と葉酸は協力しあって赤血球の生成を行うために必要。また、鉄分を吸収しやすくする働きをしているのがビタミンC 。ビタミンCは鉄とともにたんばく質の合成にもかかわっている。鉄の吸収率を上げるために、Cと鉄分を一緒にとるのがお薦め。
posted by supplement at 17:25 | Comment(0) | 症状を改善するビタミン活用術
2015年04月27日

ビタミンCの5大効果

一般的なビタミンCの作用は「風邪予防」美白」「ストレス解消」ですが、風邪気味の人がビタミンCを摂った場合、風邪の予防効果があることが確認されています。

風邪をひいたらミカンを食べるといいことを昔の人は体感的にわかっていのでしょうか?

これからむかえる夏は特にいビタミンCが不足がちになります。夏風邪は、ビタミンC不足に注意しましょう。
体の酸化を防ぐビタミンCがガンや動脈硬化にもいい効果があること、美肌などにもいい効果がることは当たり前です。
ではビタミンCの5大効果のまとめ。
  1. 風邪予防
    Cは免疫細胞の働きをサポート。体内の炎症を抑制。
  2. 日焼けの炎症を抑える
    メラニン色素を消し、コラーゲンを作りしわを取る
  3. ガンや生活習慣病を防ぐ
    体内の酸化を防ぎ、血圧を下げる
  4. 夏ばて防止
    Cは暑さで消費される。とると温度変化の適応呂力がップ
  5. 骨粗鬆症を防ぐ
    骨の成分であるコラーゲンの生産を活性化し、骨を丈夫に

ビタミンCを上手に摂取する方法はこちら。
タグ:ビタミンC
posted by supplement at 06:56 | Comment(0) | 症状を改善するビタミン活用術
2014年12月28日

評判のサプリ「桔梗二十数年根」

ごくまれに見つかる、二十数年枯れずに育った桔梗根は、高麗人参にも勝る植物に変身すると、昔から韓国の人の間で言われていました。しかし、野生の桔梗で二十数年も長生きするものは、約100万分の1 という確率でしか見ることができないのですが、研究に研究を重ね、韓国の智異山という、決して肥沃ではない山での栽培が成功。
大地の「気」のエネルギーを十分に吸い取って、たくましく生長した桔梗の根のパワーは、現在世界中から注目を浴びています。
特に解熱、鎮静、抗炎症、鎮咳、血圧降下、血糖代謝、コレステロール代謝作用があるサポニン、脂質代謝、血糖代謝、アルコール吸収抑制作用があるイヌリンに、また別の特徴があるのではと、現在研究が進められています。
posted by supplement at 15:10 | Comment(0) | 現代人特有の栄養失調