2014年12月28日

評判のサプリ「桔梗二十数年根」

ごくまれに見つかる、二十数年枯れずに育った桔梗根は、高麗人参にも勝る植物に変身すると、昔から韓国の人の間で言われていました。しかし、野生の桔梗で二十数年も長生きするものは、約100万分の1 という確率でしか見ることができないのですが、研究に研究を重ね、韓国の智異山という、決して肥沃ではない山での栽培が成功。
大地の「気」のエネルギーを十分に吸い取って、たくましく生長した桔梗の根のパワーは、現在世界中から注目を浴びています。
特に解熱、鎮静、抗炎症、鎮咳、血圧降下、血糖代謝、コレステロール代謝作用があるサポニン、脂質代謝、血糖代謝、アルコール吸収抑制作用があるイヌリンに、また別の特徴があるのではと、現在研究が進められています。
posted by supplement at 15:10 | Comment(0) | 現代人特有の栄養失調

評判のサプリ「理想的なアミノ酸バランスを誇る「スッポン卵」

肉よりも卵に注目

卵はもともと生命活動のエネルギー源として、また体を作る良質なたんばく質、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれている食品ですが、なかでもスッポン卵は、鶏卵などほかの卵よりも栄養価が高く「卵の中の王様」と呼ばれています。

スッポン卵は鶏卵よりもたんばく質が多く、カロリーが少ないので、たんばく質を摂取すると同時にカロリーも多く摂ってしまう肉類、乳製品よりもヘルシーということができます。また、魚油に多いDHA やEPAも多く含まれ、脳の神経組織の機能向上、またコレステロールや中性脂肪を減らすなどの働きがあり、生括習慣病の予防も期待できます。
posted by supplement at 14:57 | Comment(0) | 現代人特有の栄養失調
2014年06月10日

白内障を予防するビタミン

白内障と診断されても、ビタミンCの投与によって病状の進行が抑えられ、手術をしなくてもすむケースもある。

ビタミンCによる白内障治療

白内障とは、レンズの役割を果たしている水晶体が白く濁り、目が見えなくなる病気です。
60歳以上の2人に1人は白内障になるといわれるほどです。
昔は白内障で失明する人が多かったのですが、いまは手術法が進歩し、ほとんどの人が簡単に治るようになっています。それを可能にするのが、じつはビタミンCなのです。
白内障の人の目には、ビタミンCの量が正常な人にくらべて少ないことがわかっています。現在、眼科においても、ビタミンCによる白内障治療が試みられています。

ビタミンB2も有効

実際、白内障と診断されても、ビタミンCの投与によって病状の進行が抑えられ、手術をしなくてもすむケースもあります。
初期の白内障患者に1日1グラムのビタミンCを投与し続けたところ、ほとんどの人がその後10年以上も手術を必要とせずに過ごせた、という報告があリます。
白内障の水晶体が白濁するのは、酸化したタンパク質が増えるからです。そこで水晶体に還元力のあるCが豊富にあれば、白内障の進行が食い止められます。血管が通っていない眼球は、どの器官よりもビタミンCを必要としているのです。またビタミンB6はそれ自体が酸化力の強い過酸化脂質の生成を抑える働きがあるので、これも白内障の予防に有効です。

今日からできる毒素を排泄できる生活習慣としておすすめなのが半身浴です。

ビタミンで症状が改善しない場合は、アサイーベリーです。
https://notehealt.blogspot.jp/2017/07/blog-post.html

posted by supplement at 10:55 | Comment(0) | 現代人特有の栄養失調