2014年05月29日

口内炎をできるだけすぐに治すビタミン

口内炎といえば、だれでも一度はかかった経験があるほど、よく見られる病気です。口内炎の原因はいろいろですが、もっとも多いアフタ性口内炎は体の不調霊らわすサインといわれ、ビタミン欠乏も原因のひとつと考えられています。アフタ性口内炎は、口のなかの粘膜に小さい水胞ができるもので、最初は赤く、次に真ん中が白くなります。この白い部分に食べ物があたると痛く、じつに不快です。
アフタ口内炎はたいてい1個から2個の単発性ですが何度も繰り返して慢性化し、たくさんのアフタができて治りにくくなります。
慢性のアフタは女性に多く原因はビタミンB群の欠乏のほか、一応、
  1. 性ホルモンのバランスのくずれ
  2. 疲労の蓄積
  3. ストレス
などが考えられていますが、はっきりとはわかっていません。

一晩で綺麗に口内炎を治す

単発性も慢性化したアフタも、口内炎にはビタミンB2、B6などのB群がよく効くことは間違いありません。なかにはB群をのんで、ひと晩で口内炎がきれいに消え去る人もいるほどです。
ビタミンB2が不足すると口角炎、目の充血、肛門のただれなど、とくに皮膚と粘膜の境目に症状が生じます。
B6は、脂質の代謝に関わりがあり、不足すると脂漏性皮膚炎になります。パントテン酸、ビオチンなどビタミンB群は互いに影響しあって口内炎の予防と改善に役立っています。

「ビタミンB2」は、皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働きによると水溶性。余分に摂取された分は排泄される。B1は熱で破壊されやすいのに対し、B2は、熱や酸に強いのが特徴。
ただし、アルカリと強い光には弱く、破壊されてしまいます。と記されています。

posted by supplement at 10:46 | Comment(0) | 症状を改善するビタミン活用術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: