2015年07月09日

いつもささくれがある

ささくれや逆むけの原因で、まず考えられるのはビタミンCの不足。ビタミンCは、皮膚や軟骨など体を形づくるたんばく質であるコラーゲンの形成に主要な役割を果たす1この合成が滞ると皮膚の弾力性が失われ、ささくれなどができやすい。

Cを多くとるとコラーゲン合成が増える。また、ビタミンCは傷の治りもよくする効果があるため、多めにとるとよい。ビタミンB6、葉酸はたんばく質の代謝を助ける。細胞が互いにしっかり支えあうようにして寿命を延ばすため、ぜひ一緒にとりたい。皮膚を健康に保ち、滑らかにするにはビタミンAも必要だ。ビタミンA は皮膚の細胞の再生に関係しているため、不足すると皮膚の乾燥につながる。ナイアシンも皮膚の健康に関係している。
posted by supplement at 17:31 | Comment(0) | 症状を改善するビタミン活用術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: