2015年07月09日

肌荒れ

素肌を美しく保つには、体全体が健康でなければ実現できない。その上で特に、皮膚の健康に必要なビタミンA、B群、C、Eが不足しないように心がけたい。

肌に潤いをもたらし、保湿成分の生成を助け、皮膚を正常に保つのがビタミンA。特に、乾燥肌を和らげる効果がある。ビタミンB群は、肌全体の健康を保つのに効果がある。ビタミンB2は、皮脂の分泌を調節して肌を健康にする。B2が不足すると、脂肪をうまく分解できずに、鼻の周りに小さい脂肪の塊ができたり、口の周りが荒れたりする。ビタミンB6は新陳代謝を促進する働きを持つため、不足するとニキビができやすくなる。

ビタミンC は、シミやソバカスの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあるため、美白効果やシミ、シワ、くすみの解消に欠かせない。また、細胞の結合組織であるコラーゲンを合成する働きがあり、肌のハリをキープするには必要だ。ビタミンEは、肌の血行を良くし、皮脂の酸化を防ぐため、肌荒れ防止に不可欠。これらのビタミンをバランスよく使うことが重要。

当然、ビタミン以外にもスキンケアなども重要になってくる
posted by supplement at 17:28 | Comment(0) | 症状を改善するビタミン活用術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: